本文へ移動

動画一覧

山腹(さんぷく)工事ってどんな工事?

流木防止総合対策干谷川地区山腹工事
昨年行った「流木防止総合対策干谷川渓間その2工事」の上流部に山腹工事を行いました。
この工事は平成29年に崩落した斜面に、土留擁壁と法枠工を施工し、土砂流出を抑制し、植栽を施して植生の回復を図ったものです。
地震や豪雨により崩れた斜面をそのまま放置しておくと、その後の降雨により崩壊が拡大して下流へ土砂が流出してしまいます。また、崩壊した斜面は安定せず、植物の生育が難しく崩壊が拡大するという悪循環になってしまいます。山腹工は、こういった山の崩壊斜面の拡大を防ぐため、柵や壁を設置して土の動きを抑える土留工(どどめこう)や土が流れ出さないよう草木を植える緑化工を行い、土砂が流出しない安定した山肌に戻す工事のことです。
流木防止総合対策干谷川地区山腹工事タイムラプス
昨年行った「流木防止総合対策干谷川渓間その2工事」の上流部に山腹工事を行いました。
工事着工2021.5.11~工事完成10.17までの工事の様子がタイムラプスでご覧いただけます。
日々の仕事が進んでいくことがよく分かります。

渓間(けいかん)工事ってどんな工事?

流木防止総合対策干谷川地区渓間その2工事
道路や橋などの工事と違って普段あまり目にすることのない渓間工事。
私たちが生活するうえで”いざ”というときに備えて対策されている工事も実はあるんです。
どのように工事が施工されていくかタイムラプスにて撮影した動画を是非ご覧になってください。
安達建設株式会社
〒939-1842
富山県南砺市野田425番地の7
TEL.0763-62-0619
FAX.0763-62-3474
1.総合建設業
2.建築設計事務所
3.不動産業
4.生コンクリート製造販売業​
5.産業廃棄物収集運搬業
6.温水プール施設運営・管理
TOPへ戻る